Archives
Entries
Comments
Links
Profile
Others
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- / -
結婚の儀
今年は海外に行く機会が多かったです、
先週は香港で、友達の結婚式でした=3

そんなにたくさん話してる訳じゃなくて、
そんなにしょっちゅう会う訳でもなくて、
でも何かすげー好きな友達。

幸せになれよ!って心から思ったなぁ。


※香港式の結婚式だった(と思う)んだけど、
 式の開始が12時。披露宴の終了が23時!!

 都合11時間。もちろん途中休憩も含むけど、超ロングラン。

  

comments(0) / trackbacks(0)
ZIP!
日テレ系列の朝の情報番組 「ZIP!」 (朝6〜8時くらい)

僕はだいたいこれを見てから家を出るんだけど、
その中でZIPPEIって犬が全国を旅する企画がある。

それが、なんと今週は和歌山県を旅しとるんですよ!

でもって、毎週金曜日は、その県の名所に視聴者が集合して
みんなで8時前のタイトルコールをするってんですから!
(もちろん生中継だ)

場所は当日の早朝に告知。
これはもう行くしか!

頼む!近くに来てくれ!ZIPPEI!!
今のところ、有志が5人くらいで参戦予定(笑)



→ 予想外の場所だったけど参戦しましたよ!

comments(0) / trackbacks(0)
Vietnamなむ南無

友達が転職のため、職なし期間ができちまうというので、
そのあり余る時間を費やすため、旅行に行くべ、と。

行ってきたのはベトナムのホーチミンでした。

仏教徒が多いらしく、そこらじゅうにお寺がたくさん。
しかし、どこ行っても、仏像がすげー装飾されてる=3

どぎつい原色で彩られてるだけじゃなく、
周囲には赤とか青の電飾がキラキラ (ギラギラ?)
電子音のBGMが流れてるお寺もあったなぁ・・・

静寂・沈着とは無縁でございます。
ところ変われば、です。



comments(0) / trackbacks(0)
復旧の現場

台風の復旧作業もいよいよ大詰め。
全部終わりじゃないけど、あと少しでひと段落。

先週の連休、現地のバスの運行管理のために
紀伊勝浦(紀伊半島南部)に行ってきました。

現場のお客様、バス運転手さん、
カフェの店員さん、観光案内所の人、色々な人と話した。

町のシンボルの神社(世界遺産)が壊れた話も、
町長の娘さんが結納当日に氾濫した川に流されてしまった話も、
そこで聞いたものは、何だかテレビで見たものと全然違った。

ただの文字・映像・音声じゃないんだ。

体感した本人の表情・しぐさ・雰囲気を伴って語られる情報は
ものすごく”身”がある。

今回の災害って何だったのかを、感情として感じた。

復旧計画を立てるのに、離れた場所で死に物狂いで頑張っていたけど、
そこまでの実感はなかったよ。頭で理解してただけだったんだ。

やっぱり現地に行ってこそ、そこの人たちと話してこそ、
本当の生々しい情報の断片が得られる。

きれいにまとまった番組なんかじゃ、わかるもんか。伝わるもんか。
現場って本当に大事だ。


comments(0) / trackbacks(0)
台風12号

まいったねー和歌山は台風12号で大打撃です。

和歌山に直撃した日、僕は海外にいて。
その翌日、関空に帰ってきました。

そのとき友達が「生きてる?」ってメールくれたんだけど、
何のことか意味わかってなくて。

その後、気になって会社に連絡してみたら・・
橋は流され、線路は曲げられ、電車は水に浸かってぶっ壊れ。
全線再開のめどは立たず。

って、ちょっとちょっと!!!
こりゃえらいこっちゃ!!

そこからは和歌山南部に水や食料を送ったり、
専用の通信回線を復旧させる手配したり、
まさに非常事態でした。

でもこれから長丁場だなぁ、がんばらなきゃ。

最近、和歌山は地震がすごく多いので、
そっちの方もかなり心配です。


一歩一歩登っていくんだな


comments(0) / trackbacks(0)
ひろしまキャンプ
キャンプだぜ!
っていうかまた仕事でキャンプだぜ!!

今回は宮島。
厳島神社へも行かずひたすらキャンプ活動。
でも雨も何とかあがって、キャンプファイヤーも出来て良かった!

  

comments(0) / trackbacks(0)
鹿児島キャンプ

会社で、社会貢献活動としてボーイスカウトをやってます。
僕はその担当なので、今年も恒例の夏キャンプに行ってきました。

同業の全国6社が共同でやってるプロジェクトで、
今年は震災とか、間引きなんかもあったから
キャンプの実施も危ぶまれたけど、何とか開催にこぎつけた。

今回は鹿児島で3泊4日!もちろん九州新幹線で。

鉄道大好きな子供たちばかりで、いつも大変(汗)
そのフィールド活動のひとつに、灯篭作りがあった。
自分の好きな絵とか言葉を、紙に書いて、木枠に張って作る。

「電車運転士になりたい」、「お金持ち」「お嫁さんになりたい」とか
いろんな夢がいっぱい書かれていたんだけれど、
東北から来てる子供たちが書いてた言葉に少しぐっときた。

「 がんばろう東北  」

さっきまで大はしゃぎして、うるさいくらいだったのに・・
やっぱり強い気持ち持ってんだな。

こんなもの目の前で作られたら
「お前なら出来る!がんばれよぉー!」って、背中叩きまくってしまうよね。

垣根を越えて助け合っていかなきゃ、だ。
部署も、会社も、人の壁も越えてね。
同業の社員の人も熱い人ばかりでした。

『 ひとつになった九州 』 
http://www.youtube.com/user/shuku9wave#p/u/3/xe0IgNFtPic

     



     


comments(0) / trackbacks(0)
撤退の勇気
「リーダーは一度決めたら、成功するまで続けるべき」
世間にはそんな意見がある一方で、孫正義は『撤退する勇気』が必要だという。
彼が言うそれは、サンクコストについてだけど、別の身近な例で考えてみる。

◆部下に指示をして、彼らが作業を始めた後で、
 →もっとよいやり方があるとわかったとき
 →指示した作業が無駄だとわかったとき

こんなときどうするべきか。
誠実に部下と向き合うなら、当然指示を変更すべき。

だけどそれは、自分の過ちを認めること。
部下に徒労感が生まれ、リーダーの求心力は低下する。
だから、つい言葉でごまかして、そのまま作業を続けさせてしまいたくなる。

『誠実』に振舞うって、気楽なものじゃ決してない。

こんなとき必要なのは、
求心力の低下を恐れない『勇気』と『自信』なんだろうな。

その『勇気』と『自信』を裏付けるものは・・・
『簡単には求心力が低下しない人間の魅力』ってことか。

やっぱり、成長への近道はないもんだ。

 

comments(0) / trackbacks(0)
Cab-saw TEPCO
行ってまいりました、東京電力株主総会。

すごい数のマスコミ、すごい数の出席者(9千人らしい)
総会は想定どおり大荒れでした。

「故郷を返せ」「責任を取れ」「原子力をやめろ」
そこかしこから怒号が飛び交うわ、会長席に詰め寄ろうとして乱闘になるわで。
普通は2.3時間で終わるものが、結局6時間=3

大企業が抱えるリスクが象徴されているようだった。

大きな力は、一方で大きなリスクをはらむ。
Great Power comes great responsibility.

でも、起こってしまったことは、もうどうしようもない。
たったひとつ出来ることは、ただ真摯に向き合うこと。

僕らも同じだ。



comments(0) / trackbacks(0)
お弟子たち

僕のところには、5月あたりから後輩さんが3名配属されてるんです。
彼らは、これまで運転しかしたことなくて、計画立案はおろかパソコンもままならない状態。

だから、この一ヶ月くらいは、ホンマに手取り足取りでした。
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやる毎日・・・。(マジで山本五十六だ)

そのうちの一人に、こないだ幹部が集まる会議でプレゼンさせてみました。
・・・案の定、偉い方々に質問されまくって、滝のように汗かいてた(笑)

でも最後に彼はこう言ってくれた。
「僕はまだまだ皆様にご迷惑をおかけしてますが、
 この仕事に関しては、しんたこさんに一任されてやらせてもらってます。
 頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いします。」

実はこれを聞いて、すごくうれしかった。
1から10まで教えていたところから、こんな発言が出るまでになるとは!
まー正直、自分の仕事しながら3人抱えるのは、めっちゃ大変やったけど。

自分が教えた後輩が何か大きくなった感動って、ほんとすごい。
達成感だけじゃないんだ。彼の成長を喜べる。 さらにそれを分かち合える。

スポーツ界で、監督やコーチが感じるうれしさってこれか!
自分にスポットライトが当たるより、全然うれしい。
ほんま、もっともっと成長していって欲しいなぁ。


comments(0) / trackbacks(0)
| 1/13PAGES | >>